新着情報■  ステンドグラス教室・製造・販売 クラフトルームBasic 

2021年 9月

賑やかな油蝉や熊蝉の声が落ちついたつくつく法師にかわってきました。そろそろ夏も終わりに近づいてきましたね。

恒例の夏の一日講習会は、今年は「サンドブラストとフュージング技法を使った玉虫色のアクセサリー」です。使ったガラスはブルーザイのBuF0100IR イリディセント(玉虫色)。サンドブラストで表面の玉虫色を飛ばすことで柄を出します。

(1)アクセサリーの形に切る。

(2)柄を決める。
Aはフィルムでサンドブラスト。

Bはカッティングシートを貼って、カッティングシートをカッターで柄に切り取る。

(3)サンドブラストを施し柄を出す。

(4)ハンドグライダーで穴を開ける。

(5)鉛筆ホルダーの替芯を穴に入れて保持し、フュージングする。760℃焼成。

(6)焼き上がったら、トンボ玉用のビードエアスクラッパーで掃除する。

完成!!

鉛筆の芯を入れて開けた穴を保持する技法は「ガラスフュージング」近岡令 著(誠文堂新光社)を参考にしました。

フュージングのいろいろが書かれていて、とても参考になりました。一度手に取ってみて下さい。ステンドグラスだけでなくいろいろな技法を取り入れることで作品の巾が広がります。

さて、今月の作品紹介は生徒さんの夏期講習分です。

 

 

Copyright (C) Craft Room Basic ■
クラフトルームBasic :奈良市二条町1丁目1-60 ■
<< http://www.basic-sg.com :info@basic-sg.com ■